HOME>注目記事>自分のペースで学ぶことが能力を伸ばすことになる
授業

小さい頃から身につける英会話

現代の英語教育の鍵を握るのが、出来るだけ早いうちに学習の基礎を身につけることにあります。最近では、幼児教育で特に英語が盛んに行われていますが、将来国際的に活躍する人材を育てるためには、早めに手を打つことが重要です。英語学習は技能教育と言われていて、水泳やピアノと同様に基礎を繰り返し学ぶことが何よりも大切な要素です。脳がまだ柔らかい小学生のうちにレッスンを始めることで、自然と語学が身につくようになります。レッスン方法については、繰り返し指導を受けることが大切です。テキストに沿って自分のペースで学習をすすめるだけでなく、講師のチェックや発音指導を受けます。

楽しく学んで興味を持つ

楽しく学ぶということは、何よりも知識の定着に繋がり、子供の興味を引き出すことができます。小学生から自分で学習をすすめるスタイルを確立することで、他の教科の勉強にも応用することが可能です。自分のペースで学びながら講師の指導を受けられるため、生徒一人ひとりの能力にあった方法で英語能力を高めていくことができます。語学においては繰り返しの学習が技能を高めることにつながるため、自立学習が英語の能力を伸ばすのです。

ネイティブで身につく正しい発音

語学の学習に欠かせないのが、真似をすることです。小学生のうちに正しい発音を身につければ、一生忘れることがありません。英語学習のための教室選びのポイントは、やはりネイティブの指導を受けられるかという点にこだわって選びたいところです。子供は柔軟性があるので、日本人にとって難しいネイティブの発音であっても、繰り返して発音をしているうちに自然と習得できます。正しい英語の発音と文法力はその人の評価につながる重要な要素です。

広告募集中